理事

MR. DANIEL CHIU

キュー氏はハロウインターナショナルスクールバンコク、北京、香港、上海校の創設者であり、各校の理事として戦略開発と学校運営のアドバイザーを務めている。

キュー氏は企業統治に40年近くの経験を持ち、フォーチュン・オイル社、フェデラル・アジア・カンパニー社の業務執行取締役に就いている。

また、キュー氏は中国共産党中央委員会の13期広州市委員会名誉委員、中国海外友好協会諮問委員、広東省茂名名誉市民、全中国産業商工連盟執行委員会、香港友好協会第8期理事会専門部会副会長等を歴任している。

Dr.ROSANNA WONG

  • 中国人民政治協商会議全国員会委員
  • 香港青年協会シニアアドバイザー
  • ワールドビジョン香港名誉会長
  • 香港政府教育委員会前委員長、香港特別行政区立法会前議員
  • 社会学博士(カリフォルニア大学デービス校、及び香港、カナダ、英国の大学でも博士号取得)
  • 名誉博士号5学位及びフェローシップ取得(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス)

Mr. Adam Hart

ハート氏は、ロンドンに本拠地を置きM&Aや法人向け事業アドバイスを行う法人財務会社であるロンドン・ブリッジ・キャピタル・パートナーズLLP社のパートナー。ハート氏は公認会計士であり、法律の学位を持っている。英国で様々な財務関係会社の要職やロンドン証券取引所のAIM(新興上場企業)アドバイザリー・グループの元会長を歴任し、現在も多くの会社の取締役を務めている。ハート氏は英国ハロウスクールの理事であり、同校の同窓会組織であるハロウ・アソシエーションの会長と、系列インターナショナルスクールの運営を担うハロウインターナショナルスクールズ・リミテッドの会長を兼ねている。英国以外のすべてのハロウインターナショナルスクールの理事であるハート氏は、各校を定期的に視察に訪れている。

MS. DEBRA PRICE

プライス氏は、英国のベネデンスクールで26年勤務し、最終的には副校長を務め、ベネデンスクール香港トラストの創設理事の一人である。2015年12月にベネデンスクールを退職後、学校に対してガバナンス、コンプライアンス、開発、対外関係の分野でのアドバイスを与える教育マネジメントコンサルタントとなった。

プライス氏は、学校図書専門の出版社であるグレシャム・ブックスの理事でもあり、定期的にクリティカル・シンキング・スキルについての講話や投稿をおこなっている。ハロウ理事代表として、ハロウインターナショナルスクールバンコク、北京、上海、香港校の理事も兼務している。プライス氏は首席で歴史学学士号を取得している。

MS. Louisa ho

ホー氏は2006年9月にCFOとしてハロウインターナョナルマネジメントサービス社に加わった。30年以上に渡り中国で会計、財務、銀行財務の経験を積んだが、特に財務・会計業務、資金調達、投資家向け広報活動、企業戦略実施を専門としている。

ハロウインターナョナルマネジメントサービス社以前は、1987年から1993年まで旧エッソ香港(現:エクソンモービル香港)の管理部や業務部で様々な要職を務めた。1993年に旧フォーチュン・オイルPLC社(後にフォーチュン・オイル・リミテッドに改名)に財務管理者として入社した。ホー氏は2001年8月から2004年4月まで副代表を務め、2004年4月から2006年9月まで財務取締役、2006年9月から2015年4月まで非業務執行取締役を務めた。

香港公認会計士協会所属の公認会計士であるホー氏は、1986年に香港大学の社会学学士号、1992年7月に英国アルスター大学のデータ処理学修士号を取得している。

Mr. MICHAEL FARLEY

マイケル・ファーリー氏はハロウアジアのグループ運営ディレクターであり、新規学校プロジェクト、既存校の学校運営、グループ全体の戦略開発を統括している。

ブリティッシュスクール東京の校長、その後ハロウインターナショナルスクールバンコク校の校長を務めたマイケル・ファーリー氏は、日本、欧州、中東地域に詳しい。また、学校/カリキュラム設計、教育管理を専門としている。

ファーリー氏は、ハロウバンコク校で優れた試験結果と大学入学実績を挙げ、同校を世界トップクラスの学校に育て上げた。また、同校のHビルド・プログラムを立案・推進し、シックス・フォーム・センター、寄宿舎、アーリー・イヤー・センターの新設や、図書館、スポーツ施設、食堂、クリエィティブ・アート・センターの増改築が行われた。彼の元で、バンコク校は多種多様な1600名の生徒を抱える学校に成長した。

MS.Sian Carr

ハロウインターナショナルスクールのグループ教育担当ディレクターとして、カー氏は学校内のすべてのレベルにおいて、強くて前向き、かつ焦点を持ったリーダーシップこそが学校の成功と改善に必須だという信念を持っている。長きにわたる教育分野でのキャリアの中で、有名校や英国学校協会(ASCL)といった著名団体での勤務経験を経ながら、リーダシップ育成のプロモーションに努めてきた。また、カー氏は教育政策や多様な分野の政府/非政府組織と関わる中で、中等教育の新規カリキュラムの作成や評価プロセス、学校ガバナンスやリーダシップの形成を担ってきた。

カー氏は、4つの教育プログラムで批判的にかつ独力で考え、理論を組み立てながら注意深く学習する方法に注力する国際バカロレア機構(IB)の理事会メンバーの一人である。IBのカリキュラムは150を超える国の5,000校以上で実施されている。カー氏は、ハロウインターナショナルに加わる以前は、英国でIB成績トップ10の常連であるスキナーズ・ケント・アカデミーとスキナーズ・ケント小学校の校長を務めていた。

FOLLOW US ON WECHAT

WeChat ID: HarrowInternational​